Rider & Guide Voice -Yukiko Miyano-

-MAXI Gran Turismo-


 いまかいまかと待ち焦がれていた雪が降り出した2019年12月の初旬、Maxi Gran Turismoを担ぎ、スキー場へと足を運びました。まだ雪の感触に慣れない中、真っ白に輝く雪の中を滑り出したとき、思わず「何これ!凄い!」と叫んでしまった私がいました。

スキーを教えることを職業としていた時代、いわゆるカービングスキーを履き、ゲレンデで毎日レッスンをしていました。そんな私が、バックカントリースキーの世界に飛び込んで十数年経ち、メインギアはオールマウンテンモデルとなっていました。

「レッスンで使ってみて」と使用する機会に恵まれ、その日は久しぶりのオンピステ・スキーギア。期待と不安が入り混じった中で滑り出したその感触は、以前慣れ親しんでいたカービングスキーとは全く違う感覚でした。



―どんな感じなの?―


 一言でいうと「スキーが上手くなるために履いてほしいスキー」です。

オールマウンテンスキーは、センター幅があるので、ターン中にエッジが効いてくるまで時間がかかります。しかしカービングスキーは、少しでも傾きをつけると、スキーがターンをしてくれます。ここまでは、どのメーカーも同じような要素を持っていますよね。

Gran Turismoはその先が違います。「スキーが加速してターンを誘導」してくれるので、スキーヤー自身もスキーの動きを止めないように、ポジションをキープすることが必要になります。繰り返しますが、「スキーが加速してターンを誘導する」ここが大きな違いなのです。

 以前履いていたカービングスキーは、傾きをつけてエッジを効かせるだけで、あとはスキーまかせの部分がありました。しかし、Gran Turismoは、それだけでは許してくれません。スキーヤーは常に動き続け、スキーと共に滑走していくことが求められるのです。


Mizue Hoshi

Photo:Jun Yamagishi

―スキーと一緒にターンを楽しむ!―


 軽くて回しやすいスキーは楽です。筋力が少ない、体力に自信がない方には、そのようなスキーを選ぶことが良いかも知れません。一方、もう少しスキーが上手くなりたい!オフピステも滑ってみたい!とスキーの世界観を広げたい方は、オンピステでしっかり練習をしていただきたいと思います。アイスバーンや硬く荒れた斜面は、手強いと感じるかもしれません。そんな時こそ、Gran Turismoと共にターンを楽しむことが、次のステップへと繋がるはずです。

 最後に長さについてですが、どんなターン弧を描きたいか、どこで滑ることが多いのかによって決まってくると思います。私のメインゲレンデはニセコなので、どちらかと言えばロングターンが主体になります。155cmを履いていたので、ロングターンはゲレンデの大きさに合わせづらい場面がありました。反面ショートターンやミドルターンはリズムに乗りやすく、特に春の柔らかくザクザクした雪では、オンピステ、オフピステ問わず楽しむことができましたよ。


MAXI Gran Turismo

SIZE: 175  170 165  155

SIDE CUT: 122-75-104 (175 170) /114-74-98 (165 155)

RADIUS: 16(175)   15(170) 14(165)  12(155)

ショップでこのモデルを見る



Text:Yukiko Miyano

-YUKIKO MIYANO-

613回の閲覧