Rider & Guide Voice -Hiroki Saito-

-BULKY-


 トップ、センター、テール、目立った特別感はありません。単純な100mmウエストのミッドファットモデルなのか。いや、このBulkyもまたVECTOR GLIDEのアイデアが詰まった一本になっています。


Bulkyの誕生以来、そのままモデルが継続されている訳ではありません。心材、エッジ、形状、目に見えない部分でマイナーチェンジを繰り返し、今も変化し続けています。

Bulkyはテレマークのためにデザインされたモデル、一見トラディショナルなモデルですが、このスキーを操るテレマーカーは気づかずにそのアイデアに触れることになります。


低く立ち上がりを抑えたトップは、トップにぶつかる雪の抵抗による前後バランスの崩れを防ぎスムーズなターンを可能にします。

そして、Bulkyはその形状がトップロッカーへと続きます。

ロングノーズ?Bulkyは違います。テレマークにおいてロングノーズは不要なバイブレーションが発生しやすくなります。また後ろ足のエッジが有効に使えずポジションやビンディングのセッティングにも影響してしまいます。

反り返りの強いロッカーはやはりトップから受ける雪の抵抗がバランスを崩す原因になります。

この問題を解消し、絶妙なバランスでトップとロッカーが組み合わさり、スキーフレックスと融合したのがBulkyです。

その滑走感は、ナチュラルスムーズ。フレックスと共に機能するロッカーは違和感がなく、テレマーカーはターンとラインだけに集中できます。


荒れたパウダーバーン。

ファーストトラックを刻むようなスムーズな感触で雪面の凸凹を突破して行きます。

緩んだザラメ。

強い抵抗の中でもトップが埋まらずスピードを保ち、失速感がありません。

ディープパウダー。

テレマーク独特のドルフィンターンが可能です。そのためにはキャンバーとスキーフレックスが必要です。Bulkyのロッカー形状はフレックスの邪魔をせず、ドルフィンターンに必要なスキーフレックスが容易に得られます。

Takemitsu Ueno

Photo:Jun Yamagishi


僕の滑っている長野北信エリアでは、黒姫山、妙高山エリアの雪とBulkyのマッチングが良く、頻繁に使用します。

黒姫山、妙高山エリアは雪の密度が高く、積雪が深くても100mmのウエストがあれば十分な浮力が得られます。このエリアは、降雪後にガスが巻くことがよくあり、このようなコンディションではBoldを選ぶこともあります。雪の表面がスキーソールに張り付きやすくなるため、幅広のスキーはソール抵抗が大きくなりスピードが出なくなるからです。

志賀高原、野沢温泉エリアはGreedを使うことが多いです。志賀高原、野沢温泉エリアの方が雪の密度が低くスキーが深く埋まります。腰丈程の降雪があり、浮力が得られないような軽い雪の時はGeniusを選びます。この場合は、ラッセルのための選択ですが、テレマーク+Geniusの使用感もたまらないものがあります。

19-20シーズンは湿雪の日が多く、まとまった積雪のコンデションが少なかったです。そんな中でBulkyの出番が多いシーズンでした。VECTOR GLIDE Telemarkシリーズの中では最もオールラウンドに使える一台ではないでしょうか。


BULKY

SIZE: 185

SIDE CUT: 130-100-120

RADIUS: 25.2(185)

ショップでこのモデルを見る



Text:Hiroki Saito

-POWPOW HIGHLIFE-

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square