Rider & Guide Voice -Jun Nagai-

-CORDOVA Super Light-


昨今のファットスキーとしては細目のセンター幅85mm。

主にスプリングコンディションの比較的大きな斜面で使用した。

Cordova SLは軽量化してもエッジグリップが甘くなるということはなく、ザラメや浅い新雪でのカービングが非常に楽しい。アイシーなハードコンディションや、滝壺を高巻きトラバースするような状況でも全く心配なく通過することができた。

このスキーで使用したいフィールドは春のアルプスの穂高岳や剣岳の様なハイアルパインでのClimb & Rideだ。

Clime & Rideでの軽量化は計画成功の大きなカギとなるが、安全で楽しい滑走性能は譲れない。

カチカチなアイスバーンではフルキャンバーのエッジグリップが効き、昇温でドロドロになったウェットなザラメコンディションでの俊敏さとレスポンス良さが感じられ、大斜面でのスピード感あるカービングの楽しさを体験できる。


このスキーは春山スキーの基礎がたくさん詰まっていると思う。

ヤブや沢谷があるようなテクニカルな地形が多いフィールドでの活動が多い場合は、少し短めのスキーを選ぶと良いかもしれない。

似たフィールドで競合するAventura SLがあるが、深雪期はAventura、深雪でない場合はCordova SLと使い分けている。


CORDOVA Super Light

SIZE: 190   185   180   175   170

SIDE CUT: 120-85-110

RADIUS: 24.5(190)  23.1(185)  21.8(180)  20.4(175)  19.1(170)

ショップでこのモデルを見る


Text:Jun Nagai

-JUNRINA MOUNTAIN SERVICE-

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square